スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太刀天の型とレイア希少種と

どうも、ウォルトです

今回の記事は太刀の天の型についての僕なりの考えとレイア希少種に太刀の天の型で行って遊んでみたという内容です

カテゴリは攻略としてますが、別にレイア希少種の攻略記事ではないです

※記事の最後に相互リンクのお知らせがあります


まず、太刀の天の型についての僕なりの考えです
基本的なところから天の型にすると変更される点は
・切り下がりが避け切りになる
・避け切りはスタミナ消費あり
・切り下がりからは回避にしか派生できないが、避け切りは突き、気刃切り、踏み込み切り、回避に派生できる
・練気ゲージの回復値は切り下がりも避け切りも同じくらい
・切り下がりのモーション値は30、避け切りは28
・避け切りの回避フレームはスキルなしで4、回避性能+2で8(普通の前転はスキルなしで6、回避性能+2で10)

※モーション値と回避フレームについては調べただけなので間違っているかもしれません

というわけで、ここから考察に移りますが

僕が考えるに天の型の重要な利点は4つだと思います
回避フレームがつく
・派生が多い(つまり、コンボが続きやすい)
高いところに届く
・切り下がりに比べて味方を巻き込みにくい

続いて欠点
・回避フレームがつくといっても回避性能がないと使い物にならない
スタミナを消費する
攻撃できる範囲が横に狭く、気刃切り以外で唯一横方向に攻撃範囲があった切り下がりがなくなる
・後ろに下がり、間合いを取ることができた唯一のモーションである切り下がりがなくなり、前にしかすすめなくなる

とまあ、こうなるわけですが
切り下がりというのが結構太刀を使う上で重要な役割をしてきた、と僕は思っています

そもそも、太刀というものはリーチを生かし、間合いを遠くとることで回避なしで攻撃ができるという立ち回りをするものだと思っています
つまり踏み込みすぎて、間合いを詰め過ぎたら切り下がりで距離を調整し、安全な位置に移動するということが太刀を使う上でポイントの一つになっていると思います

ですがそのような立ち回りは天の型ではできません
基本的にモーションが前に行くというものしかありませんから

なので天の型の場合だと回避を生かして攻撃を回避しつつ懐に入り立ち回るというような立ち回りになるのではないかと思います
僕は苦手でどうもまだうまく使いこなせていませんが・・・w

なので天の型より地の型のほうが僕的にはやりやすい気がしないでもなかったのですが・・・

勝ち組クエをしていたら
天の型がすごく有効な相手を見つけましたw
天の型の利点の一つ高いところに届くという点から有効なのですが
レイア希少種です

レイア希少種の斬の弱点はご存じのとおり
それを切りやすいという意味ですごく有効だと思いました

というわけで行ってみましたという動画をどうぞ
※特にすごい動画というわけでもなければ攻略動画でもないです


全体的にすんごいぐだぐだですがw
一応武器、防具情報を
武器は鬼哭斬破刀【極】みんな大好きおにぎりですw
防具は
頭 ラヴィバレッタ
胴 フレイヤメイル
腕 ゴスペルアーム
腰 ハーヴェストコイル
脚 ベルFXグリーヴ
装飾品は 剛力×10、爆剣G×1、研磨×1
スキルは 攻撃大、見切り3、火事場2、高耳、餓狼1、気絶半減、切れ味1、砥石高速

といっても実質必要なスキルは攻撃大、耳栓、切れ味1だけで
怒り時に白ゲを維持するために砥石高速があるほうがいいです

とりあえず楽しかったのが避け切り→翼怯み→気刃切り→避け切りのループ
動画だと5:58あたりからと12:20あたりからと13:55あたりからがうまく続いてますw

何がいいって、火事場を使わないのでミスった時に安全で気楽にできます
実際僕も相当被弾してますが死んではいませんww


それでは~ノシ

/*相互リンクのお知らせ*/
・かりん帖
同じ猟団であり、僕の苦手な武器である大剣や、へヴィを使いこなす花鈴さんのブログ
凄いと思うのが毎日更新していること
その上クエの攻略とかいろいろ参考になることが多いため興味のある方はぜひw


コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。